赤ちゃんの日光浴(外気浴)の効果

日光浴は必要ない?

外気浴

近年では美白ブームなどがあったり、1998年に母子手帳から「日光浴」という言葉が無くなったこともあって、紫外線による悪影響にスポットが当たることが多くなりましたね。


そのせいか、赤ちゃんの日光浴は母子手帳に書いてないからやらない方がいいんだという誤った認識を持っている方もいるようです。


でも、外に出て外気に当たることは赤ちゃんの成長のためにメリットがいっぱいです。それを避けて通るのはもったいないです。


ご存知の方も多いと思うのですが、最近では極端な日光浴不足の影響もあって、ビタミンD不足による病気が散見されることも指摘されるようになり、ちょっと日光浴に対する見直しが始まっているように思います。


ただし、当然ながら紫外線によるダメージは見逃せないため、日光を積極的に浴びるというよりも、外気に触れることが大切なのです。


今、赤ちゃんのお散歩を始めようと思っている、または最近お散歩をし始めたママなら、日光浴をすることのメリットとデメリットを知り、赤ちゃんの成長にしっかりと活かしていくことが大切です。


メリットとデメリットを整理しよう

赤ちゃんと一緒にお散歩をすることは、ママの気分転換にもなるし、赤ちゃんの成長にとってメリットの多い大切なものだと思います。


一方で、紫外線によるダメージというデメリットがあるため、メリットを最大限に活かしつつ、デメリットを最小限にするための方法を知っておきましょう。


外気に触れることのメリット

メリット

日光浴というと日光を浴びることだけを考えがちですが、もっと大きな意味で外気浴という母子手帳にもある表現でとらえてみましょう。


外気に触れることのメリットとしては


  • ビタミンDが作られる
  • 赤ちゃんの五感を刺激する

といったことが挙げられます。ではそれぞれについて詳しく見てみましょう。


ビタミンDの必要性と日光浴の時間

骨を作る

まず1つ目のビタミンDが作られるという点ですが、ご存知ない方のために簡単に必要性を説明すると、カルシウムを効率よく吸収するためにはビタミンDが必要なんです。


ビタミンDが不足するとカルシウムをうまく吸収できないため、骨の成長などの妨げになってしまうんですね。


そして、ビタミンDは食べ物からも摂取できますが、紫外線を浴びることによって体内で作られるものなんです。


少し前までは紫外線の悪影響ばかりにスポットを当てて、ビタミンDは食べ物で摂ればいいのだから、紫外線はデメリットしかない!というような言われ方をしていました。


しかし、時代は変わってアレルギーなどの問題が多くなってくると、赤ちゃんのうちはアレルギーとなり得る食材をできるだけ避けるような動きが極端になり、それによって食べ物からビタミンDを摂取できないことが増えてきたのです。


もちろん、普通に離乳食などを上げていればいいのですが、極端に母乳(※母乳は良いばかりが強調されるけどミルクに比べてビタミンDが少ない)にこだわり、食材は絶対安全なもの!といった極端な思考によって食材からのビタミンD摂取が不足してきたのです。


その結果、「くる病」という病気が増えつつあるのです。


「くる病」というのは、ビタミンD不足も原因の1つで、カルシウムが骨に定着しないために骨が柔らかくなり、膝と膝の間が広くなるような骨格の形成に異常が見られ、歩き出す時期が遅れたり、歩くことが困難になることもある病気です。


実はまだ日本が豊かでは無かった時代には、食料難などの問題で赤ちゃんのくる病が多かった時期があり、その予防策として不足しがちなビタミンDを補うために日光浴が推奨されていたのです。


時を経て、栄養が豊富な食事を摂ることが当たり前になると、くる病は減少し、それと同時に日光浴はデメリットの多いものになっていったのです。


さらに最近になり、今度はアレルギーなどによる偏った食生活になることでビタミンDが不足し始めて、くる病が増え始めたために、再度日光浴の重要性が見直されてきたということなんですね。


ただし、日光浴には紫外線による細胞の劣化というデメリットもあるため、適度な量に抑える必要があります。


その量というのが時間にするとおおよそ15分程度です。


ビタミンDについて考えるならば日光浴は15分でいいのです。これなら日焼けの心配はありませんね。


外気に触れることで赤ちゃんの脳を刺激

脳が活性化

あまり触れられることが無いような気がするのですが、日光浴うんぬんの議論よりも、実はこっちの方が大事じゃないかと個人的には思っているのですが、外にでることによって赤ちゃんは想像以上に脳を使っていると思います。


私たちでは気が付きませんが、外に出ると家の中とは違って動いているものは多いし、聞こえてくる音も様々です。


うちの子も1ヶ月を過ぎたころからできる限り外気浴に行くようにしていたのですが、車が通ればキョロキョロ、犬のお散歩を見てはジーッと眺め、カラスが飛んでいるのをみて手を振り回したりしていました。


その他にも、風が吹いて近くの木々の揺れる音がザーッとしただけでもそちら側を見たり、なぜか葉っぱと花が揺れるのがお気に入りで、ベビーカーから手を伸ばして触ろうとしていました。


日々のお散歩で「華が咲いているね」「葉っぱがザーッって言っているね」と話しかけていたおかげか、初めて話した言葉が公園の植木をみて「ハッパー」でした。


このような経験から、紫外線による悪影響などが指摘されるけど、やっぱり家にいるよりも外に出た方が脳が活性化されていると思うので、赤ちゃんの成長に外気浴は欠かせないものだと感じています。


外気浴によるデメリット

太陽

これは紫外線による皮膚へのダメージでしょう。


紫外線による体への悪影響については、別の記事でも紹介いますので簡単言うと、細胞を劣化させたりDNAに傷をつけてしまうということですね。


しかも、紫外線によるダメージは年齢を重ねて初めて表面化してくるので、小さい頃には全く影響度がわかりません。そのため、気付いてからでは遅いという怖さがあるのです。


より詳細な内容については下記の記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。


 >参考:赤ちゃんの日焼け止めはいつから使えばいいの?

日光(外気浴)をうまく活かすために必要なこと

ここまでの話の中で、外気浴にはメリットとデメリットがあって、それらを簡単にまとめると


  • 体内でビタミンDを作るためには15分程度の外気浴でOK
  • 赤ちゃんの脳の成長のためにもある程度まとまった時間のお散歩も必要

というのが私の考えです。


UV対策

お散歩についてはどのくらい必要かは、赤ちゃんが疲れない程度であればいいと思うのですが、やはり気になるのは紫外線による悪影響でしょう。


そこで外気浴の目的をビタミンDのためと脳の成長のために切り分ければいいと思うのです(実際にそうしてます)。


例えば、紫外線が心配だからと言って日焼け止めを塗って外出すると、当然ビタミンDの生成はされません。


そのため、ちょっと買い物なので外出するときは、日焼け止めなどを塗らずに買い物ついでに外を少しだけ散歩するようにするのです。


そして、色々なものに触れさせてあげたいときには1時間程度のお散歩をするので、初めから日焼け止めを塗って外出するのです。


そうすることで、紫外線の悪影響を最小限に抑えつつ、メリットを享受できるというわけです。


もちろん、もしかしたら外気に触れる時間が長くなるかもしれないというときは、日焼け止めを持って外出して、必要ならば塗ればいいだけです。


以上のように、日光浴(外気浴)はダメ!と一面的に考えてしまうと、せっかくの赤ちゃんの成長の機会まで奪ってしまうことになりかねないので、メリットとデメリットを比較して、うまく両者のバランスを取るようにしてあげることが大切だと思います。