赤ちゃんの日焼け止めは紫外線吸収剤不使用のものがいい!

紫外線吸収剤は肌に良くないの?

どうして?

赤ちゃんの日焼け止めは肌に優しいものがいいと言われますが、紫外線吸収剤が入っていないものの方がいいというのを聞いたことがありませんか?


確かにその通りなのですが、紫外線吸収剤が入っていない方がいいなら大人が使うものでも無い方がいいのでは?と思ってしまいますよね。


そのため、入っていない方が肌に優しい理由や配合されていないことでデメリットなどが無いのか?という疑問を持っている方に紫外線吸収剤について紹介したいと思います。


まず紫外線吸収剤とは、その名のとおり紫外線を吸収する成分を含んでいる化学成分のことを指します。


日焼け止めにはこの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものが主に含まれていて、これらの成分によって有害な紫外線が肌に吸収され無いように防いでくれているのです。


紫外線散乱剤(しがいせんさくらんざい)というのは、肌の表面をコーティングして紫外線を反射するようにして散乱させて跳ね返すことで、お肌を紫外線から守ります。


紫外線散乱剤は天然成分でできている場合が多いのですが、一方で紫外線吸収剤は化学成分でできているものがほとんどです。


表示名で言うと、吸収剤はジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンなどの化学成分です。


これらの成分は、紫外線を吸収して別の物質へと変化させることができるため、肌に紫外線が侵入してきて悪さをするのを守ってくれるのです。


日焼け止めは主にこの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方の効果を利用していて、基本的には紫外線散乱剤で跳ね返し、それでも跳ね返しきれない分は吸収剤で吸収するという2段階の仕組みでお肌を紫外線から守っているのです。


ただ、この紫外線吸収剤はどうしても化学成分を利用しているのでお肌に悪い影響を与えてしまうこともあるんですね。これについては次に詳しく説明していきます。


どうして刺激になってしまうの?

肌荒れ

先にも少し述べましたが、紫外線吸収剤は紫外線を吸収して化学反応を起こして別のものに変化させることで、肌に紫外線が到達するのを防ぎます。


この化学反応が肌に対して悪い影響を及ぼしてしまうことがあるんですね。


元々用いられている化学成分に加えて、紫外線を吸収して変化した後の成分、さらに変化するときに発する熱などが肌への刺激になることがあるのです。


ただし、UVカット効果は紫外線錯乱剤よりも吸収剤の方が高いので、大人向けの一般的な日焼け止めの多くは吸収剤が使われているのです。


また、よっぽど肌が敏感な人ではない限り紫外線吸収剤の化学反応によって肌にダメージを受けるということはないでしょう。


ただ、敏感肌の人や赤ちゃんの場合には肌が刺激に弱いので紫外線吸収剤による小さな化学反応でもダメージを受けてしまうことがあるのです。


ですからもし赤ちゃんに日焼け止めを使いたいという場合には、紫外線吸収剤の入った普通の日焼け止めを塗るのは控えたほうがいいでしょう。


紫外線から赤ちゃんの肌を守るために日焼け止めを塗ったのに、かえって赤ちゃんの肌が化学成分によってダメージを受けてしまったら意味がありませんね。


赤ちゃんは大人に比べて皮膚の厚みが半分と言われていて、汗などのちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしやすい敏感肌ですから、できるだけ肌に優しいものを選んであげるべきだと思います。


紫外線吸収剤フリーのデメリットは?

炎天下

紫外線吸収剤のない日焼け止めなら、安心して赤ちゃんに使用できるお話をしましたが、そもそもなぜ紫外線吸収剤が入っていないのに紫外線を防げるのかが不思議に思う方もいらっしゃると思います。


先ほど日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つが使われていることを説明しましたが、紫外線吸収剤フリーの日焼け止めは、実は紫外線散乱剤だけで日焼けを防いでいるのです。


この紫外線散乱剤は、自然成分のものも多く、化学成分が使われているものでも紫外線吸収剤よりも肌への影響が少ないというメリットがあります。


しかし、紫外線散乱剤にもデメリットがありますので、覚えておきましょう。


紫外線散乱剤は白浮きがしやすく、塗り心地もこってりしています


また、汗に弱いというのも大きな欠点です。


紫外線吸収剤に比べて汗で成分が流れていってしまいやすいので、もし炎天下での長時間の使用を考えているのなら紫外線吸収剤フリーの日焼け止めでは難しいんですね。


そのため、よほどの敏感肌の方でない限り大人の日焼け止めに紫外線錯乱剤のみを使用するのはあまりメリットが無いわけです。


しかし、大人と違って1日に直射日光に当たる時間がお散歩などの数十分から数時間程度の赤ちゃんの場合は、それほど強力なUVカット効果は必要ありません


さらに肌が弱いため、刺激が少なく落としやすいものの方が扱いやすいし安全なのです。


よって、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めはUVカット効果は少ないけど、効果と肌への負担を考えた時に、赤ちゃんの肌にとっては紫外線吸収剤フリーの日焼け止めの方がメリットの方が大きいのです。